» 画面のカスタマイズ

並べ替え: 掲載順 タイトル ダウンロード数 ブックマーク数
表示件数: 10 20 50
Stylish の詳細

ブラウザやページの見た目をカスタマイズできる「ユーザスタイルシート」の管理ツールです。公開されている既存のスタイルを選んで適用することもできます。

Personas Plus の詳細

Firefox 3.6 から標準装備されている、ブラウザを気軽に"着せ替え"られる簡易テーマ機能「Personas」を拡張します。ステータスバー左端もしくはアドオンバー右端に追加されるアイコンをクリックして、新着や人気のペルソナを簡単に選ぶことができます。すべてのペルソナは Personas ギャラリー (getpersonas.com) で公開されています。

Status-4-Evar の詳細

Firefox 4 で削除されたステータスバーを復活させます。ステータステキスト、進捗バー、ダウンロードステータスという、好きな場所に配置可能な 3 つのツールバー項目を追加します。リンク先 URL をロケーションバーとステータスバーのどちらに表示するかなど、細かな設定が可能となっています。

Tab Utilities の詳細

ブックマークや履歴を新しいタブで開くなど、タブブラウジング機能に関する様々なオプションを提供します。リンクを開く挙動、マウスによる操作、タブの多段表示、未読タブのデザイン、タブの保護やロック、その他多数の設定が提供されています。

Personal Menu (Personal Firefox Button) の詳細

標準のメニューバーを隠して、自分が使う項目だけをまとめたメニューを作成し、ツールバーのボタンに置き換えられます。また、「履歴」と「ブックマーク」ボタンのカスタマイズを可能にします。

Autoclose Bookmark&History Folders の詳細

「履歴とブックマークの管理」画面と「ブックマークの編集」パネル内で、ブックマークフォルダを常に 1 つだけ展開して表示し、選択されていない他のフォルダは折り畳むようにします。

Back Forward separate の詳細

ツールバーの「戻る/進む」ボタンを分離したボタンを提供します。ツールバーをカスタマイズして、それぞれのボタンを好きな場所に配置することができます。

Theme Font & Size Changer の詳細

Firefox のユーザインタフェースのフォントファミリーとフォントサイズを簡単に変更できるようにします。[ツール] メニューに追加される [テーマのフォントとサイズチェンジャー] もしくはステータスバーに追加されるアイコンを選択して、好みのフォントとサイズを設定します。

Auto Close Folder In Library の詳細

「履歴とブックマークの管理」画面と「ブックマークの編集」パネル内で、ブックマークフォルダを常に 1 つだけ展開して表示し、選択されていない他のフォルダは折り畳むようにします。

Compact Menu 2 の詳細

メニューバーをツールバーアイテムのひとつとして表示します。メニューの一覧がドロップダウンで表示されます。「Compact Menu」の改良版です。

url-addon-bar の詳細

画面最下部のアドオンバーをロケーションバーへ組み込んで、各種アドオンによって追加されるボタンをロケーションバーの中に表示させます。

Backward Forward History Dropdown の詳細

Firefox 4 の戻る・進むボタンの横に、従来のような、履歴のドロップダウンメニューがあることを示す矢印のマークを追加します。この矢印をクリックするか、(アドオンを入れない状態でも) 戻る・進むボタンを右クリックすることで、履歴の項目を参照できます。

Big New Tab Button の詳細

「新しいタブを開く」ボタンの幅を、タブバーの空き領域全体に広げます。タブバーの空白部分のどこをクリックしてもタブが開かれるようになります。

Personas Shuffler の詳細

Firefox の起動時に、インストールされている Personas (ペルソナ) テーマをランダムに選択します。Personas を複数インストールしていて自動で切り換えたいときに便利です。

Status Box の詳細

Firefox 4 で廃止されたステータスバーの代わりに、リンク先 URL を表示する機能を提供します。インストール後にツールバー上で右クリックして「カスタマイズ」を選択し、「Status Box」をウィンドウ最下部のアドオンバーなど任意の場所にドラッグ&ドロップで配置してください。

Locationbar² の詳細

ロケーションバーを拡張します。ドメイン部分の強調表示によってフィッシング詐欺のリスクを低減するほか、日本語などが含まれる URL をデコードして可読性を高めます。ディレクトリ移動にも対応しています。